帰宅したときに玄関が臭かったり、リビングルームで変なニオイを感じたり、生活臭というものは生活とは切っても切れない関係です。

換気をしたり、掃除をしたりしてもなかなか生活臭が消えないというときは、部屋の臭い場所を特定できていないことも考える必要があるでしょう。

今回は、どの家庭にも共通する部屋の臭い場所について解説します。見落としがちな場所もありますのでチェックしてみてください。

部屋が臭い時に重点的にチェックすべき場所

お部屋に染み付いたニオイは様々なことが混ざり合っていますが、代表的なニオイの発生源を理解し、対策を講じることで生活臭を防ぐことは可能です。

部屋が臭いときに疑うべき場所の代表は、部屋のゴミ箱です。

とくにキッチンは生ゴミも含まれていますし、排水口などカビが増殖しやすい水も豊富です。その周辺は生ゴミのニオイとカビや雑菌のニオイが入り混ざって発生するため徹底した対策が必要です。

次に、靴箱もチェックしましょう。

靴箱は玄関の生活臭を生み出すだけでなく、靴箱のなかの靴を履いていた人が移動した部屋すべてに雑菌をまき散らしている可能性があります。靴箱はキッチン同様に雑菌やカビが増殖しやすいため、徹底して注意したいところです。

部屋が臭いと感じたときは、まずはキッチンと玄関および靴箱をチェックすることをおすすめします。

スポンサードリンク

日々の対策が重要な場所

キッチンや玄関は部屋が臭いときに一番始めにチェックすべきポイントですが、その他にも生活臭の発生源となる場所はたくさんあります。

トイレとお風呂場は常に清潔に乾燥させておきたい場所です。トイレはアンモニアが飛散することによりニオイが発生し、風呂場はカビが発生しニオイがするようになります。こまめな掃除と換気が一番効果的な対策法です。

布製品は実は見落としがちなニオイの発生源です。とくに人の肌が直接触れるソファーやクッション、カーペットなどは人の汗や汚れが付着します。そのまま使い続けると雑菌が繁殖しニオイを発します。とくにバスタオルやフェイスタオルは湿っているので、一層ニオイの原因になりがちです。

エアコンもニオイの発生源です。季節を問わずエアコンには埃が蓄積します。その溜まった埃に雑菌が発生したり、しばらく使わないことでフィルター内にカビがつくこともあります。

そんな状態で冷暖房として稼動させてしまうと、部屋にまんべんなくカビの胞子をまき散らすことになってしまいます。加えて、臭い空気を吐き出して循環させてしまうので、見落としがちな部屋のニオイの原因です。

トイレ、お風呂場はこまめに掃除し、布製品は定期的に洗濯することでニオイを防げます。さらに、エアコンも定期的なお手入れをし、使用する前には綺麗な状態にしておきましょう。

部屋のニオイは日頃の手入れで防ぐ

・部屋が臭いとき、重点的に対策するのはキッチンと玄関

・部屋にあるニオイの原因を理解する

・ニオイの原因の場所はこまめにお手入れすること