どの家庭でも排水口から上がってくる嫌なニオイはあるものです。

しばらく家を留守にした後はとくにニオイがきつくなりがちです。

キッチン周辺のニオイの原因のほとんどを占めている排水口ですが、こまめに対策を講じればニオイを防げるものです。

今回は排水口のニオイ対策を徹底解説しますので、ぜひともご家庭でお試しください。

排水口が臭くなる原因とは?

そもそも排水口が臭くなる原因は何でしょうか?

一般的に排水口が臭くなる原因はふたつあるとされています。ひとつは生ゴミや石鹸カスの腐敗臭、そして排水口やパイプの不具合です。

キッチンでは日々の料理などで出る食材などの生ゴミが排水口に流れ落ちています。それらは排水口から通じるパイプ内に留まります。

さらに、そのまま腐敗してしまうことでニオイの原因となるのです。食材と同様に石鹸カスなどもパイプ内で蓄積、腐敗しニオイの原因になります。

排水口やパイプの不具合は見落としがちなニオイの原因です。

排水口とパイプの間に隙間があったり、パイプ自体に亀裂が入っている場合もニオイが漏れ出す原因ですので、パイプ周辺に物理的な異常がないか確認しましょう。

スポンサードリンク

排水口が臭い時に取るべき対策

キッチンやお風呂などの排水口が臭いときにやるべきことで最も簡単なことは「定期的に水を流す」ことです。

さらに、重曹や専用洗剤を使って排水口から伸びるパイプ内部を綺麗にすることが効果的です。

排水口から伸びるパイプにはS字型の「排水トラップ」があります。

これには下水管からネズミなどが上がってこないようにするため、水溜りを作る役割があるのですが、どうしてもそこに生ゴミが溜まりやすくなります。

逆を言えば、この水溜り部分が清潔であればニオイを防げるということです。

そのために、まずは定期的に水を流し腐敗が進まないようにすることが手っ取り早いでしょう。しかし、旅行などで家を留守にするときなどは対応できないため、強力な洗剤で溜まった生ゴミや石鹸カスを溶かす必要があります。

排水口が臭いときは、溜まった生ゴミや石鹸カスを腐敗させないこと、そして洗い流すことが重要だということを知っておきましょう。

排水口には重曹が効果抜群

キッチンや洗面台などの排水口のお手入れはついつい後回しにしがちですが、重曹を使えば日常的に、しかも手軽に対策可能です。

100円ショップにも売っている重曹をストックしておき、日頃から就寝前に排水口に振りかけるといいでしょう。生ゴミなどの酸性のニオイを、アルカリ性の重曹がかき消してくれます。

排水口のニオイが気になるときは、排水口パイプの蓄積物を取り除くことが肝心です。そのために水を流したり、強力な洗剤で溶かすことが必要になります。加えて、重曹でニオイを中和することでニオイは大幅に改善されるでしょう。

排水口のニオイ対策は日頃から

・排水口が臭い原因を理解する

・排水口やパイプ内から生ゴミなどを取り除く

・重曹を活用しよう