1日の汚れや疲れを一気に洗い流してくれるお風呂ですが、家のなかでも意外に汚れがちな場所でもあります。

お手入れを怠ると生活臭の原因にもなりかねません。実際にお風呂は臭いニオイの温床でもあります。

今回は、お風呂が臭いときに試したいニオイ対策をご紹介したいと思います。清潔にして気持ちが良いお風呂タイムを過ごすためにも必見です。

お風呂が臭くなる原因は排水口!

お風呂は湿気が溜まりやすく、人の皮膚汚れなども壁や天井に付着し雑菌が繁殖しやすい場所です。定期的にお風呂掃除をしていても見落としがちなのが「排水口」です。実はこの排水口こそがニオイの元凶です。

排水口は表面以外は見えませんが、下水管につながるパイプが通っていて、そのなかは髪の毛や石鹸カスなどがこびりついています。

これらは雑菌やカビの繁殖場所として最適で、放っておくと悪臭の原因になります。とくに梅雨の季節にお風呂が臭くなる経験をした人は多いと思いますが、これが原因なのです。

お風呂が臭いときは、パイプも含めて排水口の掃除をすることが重要と言えるでしょう。

スポンサードリンク

お風呂が臭いときに試す掃除のやり方

排水口は髪の毛を塞き止める入り口部分と、手が届かないパイプ部分で構成されています。

排水口のお手入れはこれらのふたつの要素に見合った対策が必要です。なかでもパイプの掃除はニオイの根本に関わる部分なのでしっかりした対策が必要です。

多くの家庭では排水口の蓋部分に髪の毛を塞き止めるケースがついています。まずはそこから髪の毛を取り除き、ブラシで磨きます。

加えて、それら周辺に重曹をまんべんなく振りかけて15分ほど放置し、水で洗い流せば、ニオイとぬめりが改善されます。

肝心のパイプ部分の掃除は、市販されているパイプ専用の洗剤を使う必要があります。製品にもよりますが、1本分すべて使いきることをおすすめします。

市販されているパイプ用洗剤は、パイプ内に溜まった髪の毛や石鹸カスを落とすには十分な効力があるため、1回に1本を使い切ってパイプ内を綺麗にしましょう。

お風呂掃除のついでに

お風呂が臭い時は、排水口とパイプの掃除をすることが肝心です。

加えて、お風呂の壁や天井をバスタブ用の洗剤で軽く洗うといいでしょう。壁や天井にはカビが発生しやすいため、乾燥させることも忘れないようにしましょう。

また、数ヶ月に一度はお風呂の換気扇の掃除もしてください。換気扇には埃が付着しやすく、カビの温床になりやすいためです。換気扇は見落としがちなので、定期的に清掃しましょう。

可能であれば、掃除の後はお風呂が乾燥しきるまでドアを開放し、お風呂場から水気をなくすといいでしょう。

毎日乾燥させることが理想的ですが、無理であれば換気扇を使って、極力水気が残らないようにすることでニオイの発生を防げます。

お風呂が臭いときはまずは排水口の掃除から

・お風呂が臭くなる理由を理解する

・ニオイ対策に効果的な清掃法を知る

・壁や天井、換気扇は見落としがちなので注意する