お部屋やその家庭のニオイ(生活臭)を決定づけているとも言えるのが「キッチン」です。キッチンが臭いとされる原因は、生ゴミや油、調味料、下水など様々なニオイの原因が集まった「複合臭」です。

今回は、色々な原因が入り交じるキッチンが臭いときの原因や対策について深く掘り下げてみます。

キッチンが臭いときの主な原因とは?

清潔に保っていてもなぜか臭うキッチンですが、様々な原因が考えられるものの、一般的に臭くなる原因は主に2つだとされています。

生ゴミや石鹸カスの不完全な処理、排水口の不備です。

調理をする際に必ず発生するのが食料などの生ゴミです。

家庭によっては三角コーナーや、キッチン用のゴミ箱に捨てていると思います。大半はこれらが腐敗して発せられるニオイが染み付いたものが生活臭の原因です。とくに夏場は生ゴミの腐敗スピードは早く、雑菌の増殖やニオイの発生も強くなりがちです。

加えて、洗剤や石鹸カスもニオイの原因になることがあります。日常的に使う石鹸などは排水口内部に蓄積して腐敗します。その結果、排水口から腐敗臭として臭うようになるのです。

そんな排水口には生ゴミも溜まりやすいので要注意です。

どの家庭も排水口から通じるパイプはS字型の「排水トラップ」が使われていますが、S字部分に生ゴミや石鹸カスが貯まると腐敗してニオイの原因になります。

このように、生ゴミや排水口は高い確立でキッチンが臭いときの原因になっているのです。

スポンサードリンク

キッチンが臭い時に取るべき対策とは?

キッチンのニオイは生ゴミや排水口であることがほとんどです。それらに対して、重点的に対策をすることで不快なニオイは改善可能です。

いずれにも共通する重要な要素が「水分を取り除くこと」と「温度を下げる」ことです。

ニオイの原因となる雑菌やカビは水分が豊富な場所と、温度が高いところを好みます。このことは言い換えれば、水分をなくして温度を下げればニオイの発生を防げるということでもあります。

生ゴミ対策としては、三角コーナーやゴミ箱などいずれもしっかりと水気を取り除いて捨てることを意識しましょう。

水気を取り除いたうえで、袋で密閉することでより一層ニオイを防げます。加えて、ゴミの日まで冷蔵庫内に一時的に置いておくことでカビの発生を抑えられます。

排水口から上がってくるニオイは水を流すことで対策が可能です。

毎晩就寝前に排水口に氷の塊を置いておくことで水を流すことと同じ効果があるため、夜間に発生するニオイを防げます。

排水口内部は乾燥させることは難しいので、定期的に専用の洗剤を使って生ゴミや石鹸カスを溶かすといいでしょう。

キッチンが臭いときの対策は一手間が肝心!

・キッチンのニオイの原因を知る

・キッチンのニオイ対策は水分と温度の管理がポイント

・ニオイを防ぐ方法を知る